search
金属積層造形技術の拠点となる「ミシュラン AMアトリエ」いざ始動
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

金属積層造形技術の拠点となる「ミシュラン AMアトリエ」いざ始動

2022-4-15

~群馬積層造形プラットフォームや産学官連携による新たなイノベーション創出の
拠点がミシュランタイヤ太田サイト内に開設~

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元、以下「日本ミシュランタイヤ」)は本日、ミシュランタイヤ太田サイト(群馬県太田市植木野町)内に「ミシュラン AMアトリエ」(ミシュランエイエムアトリエ)を開設いたしました。

placeholder-image

「ミシュラン AMアトリエ」の内部

ミシュラン AMアトリエは、積層造形技術(Additive Manufacturing:アディティブ・マニュファクチャリング、以下『AM』『AM技術』)の普及と発展を目的とし、ミシュランの合弁会社であるAddUp(アダップ)社製の金属積層造形装置(金属3Dプリンター)2台を設置した最新の設備です。革新的なイノベーションをけん引する創造的拠点として、一般社団法人群馬積層造形プラットフォーム(以下GAM)や産官学と連携し、群馬県から次世代に波及するサービス・ソリューションを展開してまいります。

2021年7月、日本ミシュランタイヤと群馬県下の有志企業は、次世代イノベーションを担うオープンプラットフォームとなるGAMを立ち上げ、AM技術の教育プログラムを実施するなど技術者の育成を進めてきました。

ミシュラン AMアトリエの開所により、GAM参加企業は金属積層造形の試作を実際に行なうことができます。AM技術の実用化のためのコンサルテーション、メンバーサロンの開催、共同研究開発、メンバーサロンで培った知見の共有などを通じ、GAM参加企業をさらに増やしながら、金属積層造形という新しい技術の開花を目指します。ミシュランはまた、このアトリエにおいて、群馬県をはじめとした行政との連携や大学やコミュニティに対する教育プログラムの提供など、AM技術に関する次世代への啓蒙・普及活動も行う予定です。

ミシュランは「2050年までに 人類の新フロンティア開拓を助けた重要なイノベーションリーダーとして認識される」というグループの大きな夢を実現するため、「タイヤとともに」「タイヤ関連で」「タイヤを超越して」、製品、サービス&ソリューション、エクスペリエンスを市場に提供してきました。このたび新たに建設したこのミシュラン AMアトリエは、「タイヤを超越して」新たなイノベーションを生み出す拠点です。GAMの参加企業、教育機関、自治体とともにAM技術の国内産業展開に貢献してまいります。

 

「積層造形」とは

立体物を輪切りにした断面データをもとに、樹脂・粉体などの薄い層を積み重ねて立体物を製作する技術のこと。3Dプリンティング、付加製造、AM(Additive Manufacturing:アディティブ・マニュファクチャリング)とも呼ばれ、複雑な形状が自由に成形可能となることから、航空宇宙産業・自動車・医療分野等に幅広く適用される。金属積層造形のビジネス展開は、欧米では既に広く始まっており、ミシュランもその一翼を担っている。

​​​​​​​

placeholder-image

人工衛星のソーラーパネル展開用ヒンジ(一体成型により軽量化と耐久性を向上)
 

GAM代表理事 鈴木 宏子氏 は以下のように述べています。

「古くからものづくりが盛んな群馬県で、革新的な技術を学び新しいビジネスを創造できることは私たちの大きな喜びです。多種多様な企業から集まる知見やアイディアを学び、意見をぶつけ合い、群馬から日本全国へ、ひいては世界へ大きな飛躍ができるよう、ミシュランとともに鋭意尽力いたします」

日本ミシュランタイヤ 代表取締役社長 須藤 元 は次のように述べています。

このたび、ミシュランタイヤ太田サイト内に『ミシュラン AMアトリエ』が開設したことを心より嬉しく思います。ミシュランは、複雑なタイヤデザインを可能にするため、金属積層造形技術で金型を製作してきた知見があります。また、さまざまな分野のパートナー企業とオープンに協力し新たなイノベーションを生み出す企業文化があります。AM技術を開放し、GAMの皆さんとともに、ここ群馬県太田市が次世代のデジタルモノづくりの拠点となるよう、全力を尽くしてまいります。2023年夏には本社を太田市のオフィスに移転し、ワンチームとして『タイヤとともに・タイヤ関連で・タイヤを超越して』市場のニーズに貢献します。今後のミシュランにどうぞご期待ください」

placeholder-image

「ミシュラン AMアトリエ」エントランス

placeholder-image

4/15開所式。左から、清水 聖義太田市長、山本 一太群馬県知事、須藤 元、鈴木 宏子GAM代表理事、フィリップ・セトン駐日フランス大使、大野 誠司前橋市副市長

プレスキットフォルダ(来賓挨拶要旨、画像等)
【プレスキット】ミシュラン AMアトリエ開所式_20220415

【一般社団法人 群馬積層造形プラットフォームについて】

一般社団法人 群馬積層造形プラットフォームは、「産業界のニーズに基づいて、金属積層造形技術とその関連先端技術の普及・人材育成、研究開発、および実用化を推進することで地域に貢献するとともに、新たな時代のものづくり産業の礎として、新しいプロセス・新産業の創出に寄与する」ことをミッションとしています。2020年8月からJETROや群馬県の自治体、公共団体、大学、企業と協力して法人設立の協議や準備を進め、2021年7月に一般社団法人として発足しました。金属積層造形に関する教育、実用化プログラムの提供、メンバーサロンでの共同研究開発と知見の共有、地元の大学や自治体、公共団体と連携したプログラムを提供します。詳しくは、gam.or.jpをご覧ください。

メディア資料

print mail share
close