search
ブリヂストンとミシュラン 再生カーボンブラックの利用拡大を通じ、タイヤ・ゴム業界におけるサステナビリティの進化へむけて連携
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

ブリヂストンとミシュラン 再生カーボンブラックの利用拡大を通じ、タイヤ・ゴム業界におけるサステナビリティの進化へむけて連携

2021-11-19

株式会社ブリヂストンとミシュランは、2021年11月22日から23日にオランダ・アムステルダムで開催されるSmithers Recovered Carbon Black Conference(スミサーズ・リカヴァード・カーボンブラック・カンファレンス)※1にて、マテリアル・サーキュラリティに貢献する再生カーボンブラックの利用拡大についての公開討論に参加します。

placeholder-image

世界では、毎年およそ10億本のタイヤがその役割を終えると推定されるなか、使用済みタイヤの原材料の再利用や再生技術の研究が進められています。一方で、よりサステナブルなエコシステムを構築し、タイヤ・ゴム業界全体におけるマテリアル・サーキュラリティを実現するには、様々な障壁があるのが実態です。タイヤの重要な原材料であるカーボンブラック※2に占める再生カーボンブラックの割合は、再生から使用にいたる循環が未確立であるため、世界全体で1%未満に留まっています。再生カーボンブラックの利用が拡大されることで、タイヤ・ゴム業界ではタイヤの性能を維持したまま石油由来の原材料の使用量を抑制することができると同時に、新品のカーボンブラックを使用した場合に比べ、製造時のCO2排出量を約85%まで削減することができます。

今回の公開討論において、ブリヂストンとミシュランは、カーボンブラックの再生技術の確立と新品タイヤ生産への利用拡大の展望についてお話する予定です。そしてその実現に向けて、タイヤメーカー各社、カーボンブラックサプライヤー、そして再生資源への還元技術を持つスタートアップ企業など、タイヤ・ゴム業界にかかわる全てのステークホルダーとの連携の必要性を訴えます。

今後、共同イニシアチブの一環として、サーキュラーエコノミーの実現に向けたタイヤ・ゴム業界としての取り組み方針の検討を促進していくとともに、2022年には両社から、再生カーボンブラックの利用拡大に向けた技術要件や課題と対策についての具体的な報告を行いたいと考えています。

<ご参考>

ジェイコブ・ロンショルト (ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエー 戦略・変革担当Vice President)のコメント

再生カーボンブラックの利用拡大はサステナブルなモビリティ社会の実現を目指すブリヂストンにとって不可欠なものです。今回の公開討論を契機に、ブリヂストンはミシュランやその他ステークホルダーの皆様と共に、CO2削減や100%サステナブルマテリアル化に向けた取り組みを更に推進していきます。

サンダー・ファルミューレン (ミシュラン エンド・オブ・ライフ・ラバー・プロダクツ・ビジネス Vice President)のコメント

タイヤ業界における再生資源の利用について、その制約やハードルについてこれまで長らく議論が続けられてきました。今後、業界全体のマテリアル・サーキュラリティの実現に向けて使用済みタイヤの再生資源としての利用拡大についてより積極的な活動を推進していくにあたり、ミシュランのビジョンをブリヂストンと共有できたことを嬉しく思います。同社と共に、タイヤ業界のバリューチェーンにかかわる全てのステークホルダーの皆様と連携しながら歩みを進めてまいります。

※1 Smithers Recovered Carbon Black Conference(スミサーズ・リカヴァード・カーボンブラック・カンファレンス)の詳細については同カンファレンスのウェブサイトをご参照ください。

※2 カーボンブラックについての詳細はブリヂストン企業サイトをご参照ください。

【ブリヂストンについて】

ブリヂストンは、タイヤ・ゴム業界のリーダーとして、ソリューションの提供を通じて、安心・安全でサステナブルなモビリティ社会の実現に貢献しています。東京に本社を置き、グローバルではおよそ14万人の従業員が150以上の国と地域で事業活動を行っています。技術イノベーションに支えられたプレミアムタイヤやソリューションの提供を始めとする多様な事業ポートフォリオを通じて、人々がより快適に移動し、生活し、働き、そして楽しむことに貢献します。詳しくはhttps://www.bridgestone.co.jpをご参照ください。

本件に関するお問い合わせ先

 

株式会社ブリヂストン

<報道関係>G-パブリックリレーション部 TEL:03-6836-3333

<お客様>お客様相談室 TEL:0120-39-2936

 

日本ミシュランタイヤ株式会社

<報道関係>広報部 TEL:03-6756-8082

<お客様>お客様相談室 TEL:0276-25-4411

メディア資料

print mail share
close