search
日本ミシュランタイヤ、15周年となる「ミシュランガイド東京2022」セレクション全432軒を発表!
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

日本ミシュランタイヤ、15周年となる「ミシュランガイド東京2022」セレクション全432軒を発表!

2021-11-30
placeholder-image

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元/すどう げん、以下「ミシュラン」)は本日、12月3日(金)の書籍発売に先駆け、厳選した飲食店・レストランを紹介する 「ミシュランガイド東京2022」の全セレクションを発表します。2007年の「ミシュランガイド東京2008」の発刊から15周年となる今回は、三つ星を15年連続で維持する日本料理「かんだ」、フランス料理「カンテサンス」、フランス料理「ジョエル・ロブション」の3軒を含む三つ星12軒、二つ星41軒、一つ星150軒、ビブグルマン229軒の掲載となりました。また、2020年から読者の新たなお店選びの指標として紹介を始めた、飲食店・レストランのサステナブルな取り組みを評価する「ミシュラングリーンスター」は14軒に増えました。美味しい食事と環境保護の両立を実現し、食から持続可能性を考える店が増えています。

また、個人を対象とした二つのアワード※1を日本のミシュランガイドでは初めて新設し、同時に発表いたします。メンターシェフアワードは日本料理「かんだ」の神田裕行氏、サービスアワードはフランス料理「オマージュ」の荒井麻友香氏が受賞しました。

「ミシュランガイド東京2022」の飲食店・レストラン掲載数

placeholder-image

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 須藤 元は次のように述べています。

「昨年来、未曽有の異常事態下にあっても、たゆまぬ努力と創意工夫を続ける飲食業界の皆様に敬意を表します。例年通りの調査を実施し、継続してミシュランガイド東京をご紹介することで、業界の皆様へのエールとなれば幸いです。日本でのミシュランガイドの発行は、2007年の東京版から始まり、今年、国内27エリア目のガイドブックを出版するに至りました。また、デジタルプラットフォームの充実により世界のミシュランガイドの最新情報にアクセス可能になりました。今後も、ミシュランは持続可能な社会を目指しながら、人や物の快適なモビリティと、その先の豊かな旅や食事の喜びをお届けします」

ミシュランガイドインターナショナルディレクター グウェンダル・プレネックは次のように述べています。

「アジア初のミシュランガイド、『ミシュランガイド東京2008』は、15料理カテゴリー、150軒の星付きレストランの掲載からスタートしました。現在ではヨーロッパと同じくビブグルマンも紹介できるようになり、15年目となる2022年版では、36料理カテゴリー、432軒を紹介します。東京はそのデビュー以来、世界のガストロノミーシーンのトップであるだけでなく、世界のトレンドを作り出す場所であり続けています。今年は、新たにメンターシェフアワード、サービスアワードをご紹介できたのも喜ばしいことです。ミシュランガイドはこれからも東京の美食の素晴らしさと力強さの証人であり続けたいと思います」

1 アワードについて

  • メンターシェフアワードとは
    自身の仕事やキャリアが手本となるようなシェフに授与される。後世の育成にも力を注ぎ、指導者として熱意をもって助言し、レストラン業界の発展に貢献するシェフを称える賞である。
     
  • サービスアワードとは
    訪れる人を心地良くすることができる、おもてなしに優れたスタッフに授与される。プロフェッショナルかつ魅力的であり、レストランでの体験が特別なものになるような接客をする。サービスに対する心からの情熱を称える賞である。

メンターシェフアワードはBLANCPAIN、サービスアワードは三井不動産が支援しています。各アワードの選考はミシュランが行っています。

【セレクションのみどころ】

  • 三つ星12軒はすべて昨年の評価を維持しました。15年連続三つ星の「かんだ」、「カンテサンス」、「ジョエル・ロブション」はいずれも持続可能なガストロノミーへの意識も高く、環境保全を実践しつつ、芸術の域に達した卓越した料理を提供し続けています。
  • 一つ星から二つ星に評価の上がった飲食店・レストランは3軒ありました。フランス料理「アサヒナ ガストロノーム」は日々の積み重ねが完成度を高め、さらに素晴らしい料理を作り出しています。フランス料理「クローニー」はリニューアルオープン後、よりサステナビリティを加味したコンセプトに変更し、ミシュラングリーンスターに選出されました。寿司「日本橋蛎殻町 すぎた」は江戸前の仕事を丁寧に施し、伝統を尊重した寿司を握っています。また、ビブグルマンから一つ星に評価を上げたラーメン「中華そば 銀座 八五」は、フレンチの経験が生きたスープとトッピングのバランスに優れています。
  • ミシュラングリーンスターは14軒で、昨年より8軒増えました。未利用魚※2や規格外の野菜の活用、自然循環に配慮して育てた野菜を仕入れる、フェアトレードのチョコレートやコーヒーを使用する、コンポストで生ごみを土に還す、小学校でエシカル消費について指導する、日本の伝統文化を内装やテーブルウェアに取り入れるなど、それぞれ持続可能な取り組みを実践しています。
  • 一つ星の新規掲載店は20軒ありました。栄養面に気を配り、体に優しく素材を重視した調理や味付けを心掛けている、日本料理「空花」やミシュラングリーンスターの評価でもある、フランス料理「ヌー トウキョウ」をはじめ、コロナ禍に独立や開業をした魅力的なお店が多数掲載されました。
  • ビブグルマンの新規掲載店は35軒あり、昔ながらの立ち食いスタイルで気軽に江戸前寿司を楽しめる「立喰い寿司あきら」、伝統的な日本の食文化を伝える、鰹節や鰹を主役にした日本料理「かつお食堂」をはじめ、価格以上の満足感が得られる料理を提供するバラエティに富んだ店が掲載されました。

2 未利用魚とは(参考:水産庁ホームページ)
水産物の流通過程において、魚体のサイズが不揃いであったり、漁獲量が少なくロットがまとまらないなどの理由から、非食用に回されたり、低い価格でしか評価されない魚

全セレクションの発表はYouTubeで公開

11月30日の記者会見後、14時から全セレクション発表動画をミシュランガイドアジアYouTubeチャンネルでプレミア公開し、英語字幕付きで全世界に向け発信します。

「MICHELIN Guide Asia」 YouTube:
https://www.youtube.com/c/MICHELINGuideAsia/videos

placeholder-image

全セレクションは即日「ミシュランガイド公式ウェブサイト」で公開

セレクションは、書籍と同じ内容を同日15時からミシュランガイド公式ウェブサイトでご利用いただけます。ユーザーの好みや目的に合わせた飲食店・レストランを外出先でも検索・閲覧可能です。

ミシュランガイド公式ウェブサイト詳細

【名称】ミシュランガイド公式ウェブサイト

【URL】https://guide.michelin.com/jp/ja

【価格】無料

【掲載内容】
世界32カ国の全ミシュランガイド
東京、京都、大阪のミシュランガイド
ミシュランガイドのホテルセレクション(検索・閲覧・予約まで可能)、特集記事など

placeholder-image

「ミシュランガイド東京2022」書籍詳細

【タイトル】ミシュランガイド東京2022

【発売日】2021年12月3日(金)

【定価】3,498円(本体3,180円+税10%)

【ISBNコード】978-4-904337-32-5 C2026

【発行】日本ミシュランタイヤ株式会社

【判型】A5 変形

placeholder-image
placeholder-image

メディア資料

print mail share
close