search
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(仏語)改訂第6版 販売開始
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(仏語)改訂第6版 販売開始

2020-2-17

新たに157箇所を新規掲載。富山、奄美群島などウェブ版の内容を反映

フランスのタイヤメーカー、ミシュランは、日本を訪れる外国人観光客向けの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改定第6版を、本日2月17日(フランス時間)より順次出荷開始いたします。本版はフランス語で発行し、主にフランスをはじめとする仏語圏で販売される予定です。

ミシュラン・グリーンガイドは、観光地、景勝地や史跡など、旅行者がその土地をより深く理解し、満喫できる情報を掲載し、そのおすすめ度を星の数で紹介しています。約2年半ぶりの販売となる本書では、すでにウェブ(https://travelguide.michelin.com)で発表されている三つ星のほか、ミシュラン社員による新たな追加調査情報および、近年調査・公開した奄美群島、水俣、大分、山陰、日光国立公園、富山などのミシュラン・グリーンガイドの各英語版ウェブサイトの掲載地も反映しており、奄美群島(★★)、富士山本宮浅間大社(★★)など30箇所の二つ星と、三陸海岸(★)など80箇所の一つ星など、日本各地の新たな見どころ157箇所が追加されています。

観光庁は2018年に見直した3年訪日プロモーションで、2020年までに訪日外国人旅行者数を4,000万人に、訪日外国人旅行消費額を8兆円にする目標を掲げています。海外からの日本への旅行者数は国際情勢による影響はあるものの、年々順調に増加してきました。

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区)代表取締役社長のポール・ペリニオは、今回の発行に寄せて次のようにコメントしています。
「2020年は日本の観光産業にとって節目の年です。北海道から沖縄まで日本各地で、訪れる旅行者が美しい景観を満喫したり、ユニークな日本文化を体験したり、新たな魅力を発見していただくお手伝いができることをうれしく思います」

フランスのミシュラン・グリーンガイド編集部は以下のようにコメントしています。
「前回のグリーンガイド発行から、私たちは幾度となく日本各地を訪れました。そして多くの素晴らしい風景や文化、人々と出会い、観光地を取材することが出来ました。それを改定第6版として紹介できることをとてもうれしく思います。2020年という日本にとって特別な一年だけではなく、継続して海外から多くの観光客が日本を訪れ、素晴らしい出会いと体験をしていただくことを願っています。Bon voyage!」

placeholder-image

「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第6版 新規掲載地一覧

placeholder-image
  • このリストは、フランスで編集・発行している「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の掲載地一覧を手作業でまとめたものです。便宜上分類、翻訳し整理し作成したものです。オリジナルは書籍原文のフランス語となります。
  • すでにウェブ掲載されており、書籍では初めての掲載となる箇所も含みます。
  • このリストは、報道機関の方々が特定の掲載地点について、掲載されている事実・星の数などを参照していただくための資料として作成しております。本リスト全体の転載は堅く禁じます。

※富山県 宇奈月温泉はGreen Guide公式ウェブサイト内(https://travelguide.michelin.com/asia/japan/toyama/unazuki-onsen)ですでに一つ星で発表されておりますが、改訂第6版仏語版書籍に置いて1つ星の表記がされていない誤りがありました。本リストおよび今後発行予定の改訂第6版英語版では引き続き一つ星として紹介しております。お詫びして訂正いたします。

メディア資料

print mail share
close