search
日本ミシュランタイヤ、 日本における2019年モータースポーツ活動を発表
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

日本ミシュランタイヤ、 日本における2019年モータースポーツ活動を発表

2019-2-28

2019 AUTOBACS SUPER GT GT500クラス、2チームにタイヤを供給

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・ペリニオ)は、2019年のモータースポーツ活動について、以下の内容で実施します。

 

2019 AUTOBACS SUPER GT

 GT500クラスにおいて、#23 MOTUL AUTECH GT-R(エントラント名:NISMO)および、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R (エントラント名:NDDP RACING with B-MAX)の2チームにタイヤを供給します。

2019年シーズンはミシュランが2009年にGT500に復帰して以来、11年目のシーズンになります。これまで4度のシリーズチャンピオンを獲得していますが、今シーズンもさらなる技術向上に努めミシュラン装着チームのチャンピオン獲得に向けサポートします。

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

 2019年も引き続きオフィシャルタイヤサプライヤーとしてレースをサポートします。

PORSCHE SPRINT CHALLENGE JAPAN

 オフィシャルタイヤサプライヤーとしてPORSCHE SPRINT CHALLENGE JAPAN(以下、PSCJ)に対してタイヤを供給します。PSCJは PORSCHE CARRERA CUP JAPAN ヘのステップアップカテゴリーとして2010年から開催されています(2018年まで「PORSCHE GT3 CUP CHALLENGE JAPAN(GT3CC)」として開催)。2016年よりミシュランがオフィシャルタイヤの供給を始め、上位カテゴリーと同様の品質のタイヤでレースを走れるだけでなく、上位クラスと同様のサポートを受けることができるレースシリーズです。

2019 AUTOBACS SUPER GT サポートチーム

placeholder-image

2019年 供給タイヤサイズ

placeholder-image

メディア資料