search
日本ミシュランタイヤ、「ジャパントラックショー2022」に出展
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

日本ミシュランタイヤ、「ジャパントラックショー2022」に出展

2022-4-20

~輸送業界の省力化に貢献するDXソリューションと次世代ツールを日本初公開~

日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都新宿区、代表取締役社⻑:須藤 元、以下「ミシュラン」)は、2022年5月12日(木)~14日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催される「ジャパントラックショー2022」(主催:一般社団法人 国際物流総合研究所)に出展いたします。「ミシュランの考える物流新時代」をテーマに 、人手不足・高齢化・2024年問題が深刻な輸送業界の課題解決に貢献する、先進的なデジタルソリューションを提案いたします。

ミシュランのブースでは、タイヤ使用プロセスのDX化を図る最新のソリューションを中心にご紹介します。「すべてを持続可能に」へコミットし、早くから「4R(Reduce/Reuse/Recycle/Renew)」に取り組んできたミシュランが提供する、タイヤ管理の複雑さを解消し省力化につながるサービスとタイヤを展示いたします。

 

展示内容(予定)

  • タイヤの個体管理を可能にする「RFID」内蔵タイヤを装着した車両

  • 数秒でタイヤの残溝点検が出来る「MICHELIN Quick Scan」(参考出品・日本初公開)

  • 大型トラック向けレスキューサービスのデジタルアプリケーション「MRN GO」

  • タイヤ点検の省力化を図るデジタルソリューション「MICHELIN Tire Care」

  • 4Rを具現化したワイドシングルタイヤ

  • バン・ライトトラック用全天候型タイヤ(参考出品)

placeholder-image

ミシュラン ブースイメージ

placeholder-image

トラックショー ミシュラン出展概要

展示会名:ジャパントラックショー2022
日  時:5月12日(木)~14日(土) 10:00‐18:00(最終日は17:00まで)
会  場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1、みなとみらい駅から徒歩約4分)
入  場  料:無料
展示ブース:ホールA A-15
展示テーマ:「ミシュランの考える物流新時代」

展示内容のご紹介

■「RFID」内蔵タイヤ装着 大型トラック車両
タイヤの個体管理に必須のRFID(Radio Frequency IDentification)は、ICタグを利用し無線通信によってモノを自動的に識別・管理する技術。ミシュランは、タイヤ使用プロセスDX化の将来像として、RFIDタグを内蔵することでタイヤをIoT化し、生産工場出荷から販売店での在庫、車両装着、リグルーブ、リトレッド、リサイクルまでの使用履歴全体の個体管理を目指しています。2024年までに自社製のすべてのタイヤにRFIDを搭載する計画です。

■「MICHELIN Quick Scan(ミシュラン クイックスキャン)」参考出品、日本初公開。路面の磁気スキャナーでタイヤ摩耗をミリメートル単位の精度で瞬時に自動測定。すべてのブランドのタイヤと車両を、天候にかかわらず測定可能であり、電気機器無しに簡単に設置できます。特許出願した15以上のツールに加え、独自の人工知能アルゴリズムで、タイヤデータを精査分析。

placeholder-image

 ■「MRN GO(エムアールエヌゴー)」
タイヤ業界初の大型トラック向けレスキューサービスのデジタルアプリケーション。ミシュランレスキューネットワーク(MRN)のプロセスをDX化し、スマートフォンにダウンロードしたアプリケーションのSOSボタンを押すことで、タイヤの故障画像と、タイヤ内温度や空気圧情報をコールセンターに事前送信することが可能。コールセンターはレスキュー作業店に位置情報およびトラブルの正確な情報を伝えることができます。作業店も効率的に出動準備ができ、結果的に故障車両のダウンタイム削減に繋がります。ミシュランとフジトランスポート株式会社(本社:奈良県奈良市)のグループ会社である株式会社ドコマップジャパン(本社:東京都港区海岸)が共同開発し、2021年11月より提供開始。

■「MICHELIN Tire Care(ミシュラン タイヤケア)」
タイヤメンテナンスを予測可能にし、タイヤ点検の省力化を図るデジタルソリューション。測定機器とアプリケーションを使用してタイヤ点検を実施し、自動作成される点検レポートからメンテナンス時期を予測し、タイヤマネージメントを可視化します。2021年12月から提供開始。

■ワイドシングルタイヤ「MICHELIN X One(ミシュラン エックスワン)」
トラックの後輪に装着されている2本(ダブルタイヤ)を1本にするというコンセプトで、1車軸当たり約100㎏の軽量化を実現した、車両の輸送効率向上と環境負荷低減に貢献するトラック・バス用ワイドシングルタイヤ。新品/リグルーブ/リトレッドと資産価値を最大活用することで、さらなるコスト削減と環境貢献が可能。

■バン・ライトトラック用全天候型タイヤ「MICHELIN AGILIS CROSSCLIMATE(ミシュラン アジリスクロスクライメート)」参考出品

*2024年問題:働き方改革関連法によって、2024年4月以降、自動車運転業務の年間時間外労働が上限960時間に制限されることに伴い発生する諸問題。物流業界の労働時間を短縮し待遇改善するとともに、物流を止めないための対策が急務となっています。

メディア資料

print mail share
close