search
日本ミシュランタイヤ、SUV車用プレミアムコンフォートタイヤの新製品「MICHELIN PRIMACY SUV+」を発売
print mail share
close
placeholder-image
west すべての記事
print mail share
close

日本ミシュランタイヤ、SUV車用プレミアムコンフォートタイヤの新製品「MICHELIN PRIMACY SUV+」を発売

2022-2-25

~上質な走りをもたらすSUV向けプレミアムコンフォートタイヤを追加発売~

日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤 元、以下ミシュラン)は、プレミアムコンフォートタイヤ「MICHELIN PRIMACY SUV+(ミシュラン プライマシー エスユーブイ プラス)」を5月19日より順次発売します。サイズは15インチから20インチまでの全28サイズで、価格はオープンです。

近年、SUVの普及率は、新車販売数と登録車数の両面で増加傾向にあります。また、SUVの普及とともに、使用される環境や目的に応じた消費者ニーズも多様化していることから、これまでのSUVに求められていたタイヤ性能だけにとどまらない、新たな価値を持つタイヤが求められています。
当製品は、ミシュラン基準の「プレミアムコンフォート」のコンセプトをSUV向けに投入することで、現代のSUVユーザーにより安全で快適な、そして、より豊かなドライビング体験を提供することを目的に開発されました。ドライ路面での安定したグリップ性能はもちろん、優れたウェットブレーキング性能は、日常使いからレジャーまでさまざまなドライビングシーンで高い安全性を発揮します。優れた静粛性と高速安定性やハンドリング性能は、ドライバーの安心感に繫がり、同乗者との一体感ある快適な車内空間を演出します。

placeholder-image
placeholder-image

【製品特徴】

  • 安心感をもたらすドライ&ウェット性能
  • 快適なドライブを演出する優れた静粛性
  • 高重心・高荷重SUV車を支える優れた高速安定性とハンドリング性能
  • 全額返金保証プログラム対象※1

【採用技術】

「新設計コンパウンド」

シリカを多く配合した新設計コンパウンドを採用することで、転がり抵抗を犠牲にすることなく、優れたドライ&ウェットブレーキ性能を発揮します。

placeholder-image

※図はイメージです

「U字グルーブとフルデプスサイプ」

U字型の主溝と、溝底まで深く刻まれたフルデプスサイプにより、摩耗による急激な排水性能の低下を抑制します。

placeholder-image

※図はイメージです

ウェットブレーキング性能
※従来品MICHELIN PREMIER LTXとの比較

placeholder-image

※図はイメージです

*1【試験条件】
○タイヤサイズ:MICHELIN PRIMACY SUV+ 225/65 R17 106H XL、MICHELIN PREMIER LTX 225/65R17 102H ○試験空気圧:フロント 240 kPa リア 220 kPa ○試験荷重:1名+計測機器 ○試験リム幅:6.5J ○試験車両名:HONDA CR-V (DBA -RW2) 全輪駆動 ABS作動有 ○試験場:GKNドライブラインジャパン (株)プルービンググラウンド ○試験方法:80 km/hから完全停止までの制動距離を測定 (JATMAの試験方法) ○制動距離: MICHELIN PRIMACY SUV+/28.43m、MICHELIN PREMIER LTX/31.18m ※テスト結果はタイヤ公正取引協議会に届け出ています。試験結果は、あくまでもテスト値であり、普遍的なものではありません。

 

「トレッドブロックデザイン」

トレッドのブロック数を増やし、最適化することで、ノイズのピークを下げて騒音エネルギーを低減します。

騒音エネルギーの比較(パターンノイズ)

※従来品MICHELIN PREMIER LTXとの比較

placeholder-image

*2 [試験条件]

○タイヤサイズ:MICHELIN PRIMACY SUV+ 225/65 R17 106H XL、MICHELIN PREMIER LTX 225/65R17 102H ○試験空気圧:230 kPa ○試験荷重:2名乗車相当 ○試験リム幅:6.5J ○試験車両名:HONDA CR-V (DBA -RW2) 全輪駆動 ABS作動有 ○試験速度:60 km/h ○試験路面:スムーズ アスファルト路面 ○試験場:日本自動車研究所 城里テストセンター ○試験方法:車室内の適切な位置にマイクロフォンを固定して、定常走行し、A特性音圧レベルの時間平均値を測定する。 ○騒音エネルギー低減率:27.9% (MICHELIN PRIMACY SUV+/60.75 dB[A]、MICHELIN PREMIER LTX/62.17 dB[A]) ※テスト結果はタイヤ公正取引協議会に届け出ています。試験結果は、あくまでもテスト値であり、普遍的なものではありません。

「スタビリ・グリップ・サイプ」
サイプ内の突起により、ブロック同士が互いに支え合い、倒れこみを抑制します。ブロック剛性を高めることで、高速走行時の安定性とハンドリング性能の向上に寄与します。

placeholder-image

※図はイメージです

「低燃費性能」
グレーディングシステムの「A/b」を取得※2。低転がり抵抗性能と雨天時のグリップ性能を両立することで、経済性と安全性に貢献します。

【販売サイズ】

placeholder-image

※1 詳しくは店頭もしくは弊社公式ホームページでご確認願います。
※2 28サイズ中24サイズの取得内容となります。3サイズは申請中となります。(2022年2月1日現在)

最後まで続く性能を目指して、「Performance Made to Last」

車と路面の唯一の接点であるタイヤには、たくさんの性能が求められます。その一つに、摩耗が進んでもタイヤに求められるすべての性能を装着初期から長期にわたり安定して発揮させる性能があります。それは、より高い安全性と経済性に貢献し、人々のモビリティライフを充実させ、日々の生活をより豊かにすることに繋がります。さらに、安全性と経済性に優れたタイヤは、安心して摩耗末期まで使用することができ、消費されるタイヤをより少なくすることを可能にします。タイヤ製造に必要な原材料使用量や廃棄タイヤの抑制にもつながり、環境負荷の少ないサステナブルなタイヤを実現します。ミシュランは最後まで続く性能を目指して、「Performance Made to Last」という思想のもとタイヤを開発しています。

メディア資料

print mail share
close